12月 15, 2004

ココログのアップロードの変更と独自のリンクページ

この前の日曜日、記事を書いているとき右肩のアイコンが増えているのに気づきました。
増えたのは“画像の挿入”と“ファイルの挿入”かな?
リンクを挿入するとき以外使ったことがないでちょっと自信がありません。

この間のリニューアルで変わったのかな。
よくみると上のメニュー欄にあったアップロードが消えていてます。
あせりました。
独自にhtmlファイルで作っているリンクページを更新するつもりだったのです。
ヘルプを見てみましたが、古いままで更新されていません。
画像のアップロードについては変更の告知がありますが、普通のファイルについてとくにないようです。

画面を睨んでいて、ふと、思いつきました。
もしかして“ファイルの挿入”ってアップロードのこと?
テキストファイルの貼り付けとかじゃなくて?

とりあえずクリックしてみます。
アップロードのボタンがありますが、とくに機能の説明はありません。
保存先フォルダの指定もないし違うのかな。
他に思いつくこともないので、ダメもとでファイルを選んでアップロード・・・。
「本文」欄に、リンクが挿入されました。

どうやら、アップロードはされたものの、“files”というフォルダに入れられたみたいです。
これまで、独自に作成したフォルダに入れていたので困惑しました。
このファイルには、各記事からリンクを張っているので簡単にはURLを変えられないのです。

なんとかならないかと、あちこちのブログをまわってみました。
フォルダは固定されて変更できないようです。

しかたがないので過去の記事のリンクを張り替えることにしました。
(記事の検索があるのは、少し救いです)
すぐに全ては無理なので、それまでは「作家&イラストレーターサイト集」が二つ存在してしまいます。
利用されている方には、ご迷惑をかけます。
とりあえず色違いにしてあります(茶色いのが新しいほうです)。

※少し追記
12月15日付けの「お知らせココログ:画像のアップロード方法について(追記)」の下のほうに、画像以外のファイルをアップロードについても書かれていました。
告知は前もって、分かりやすくして欲しいです。
また、フォルダを限定するのなら、htmlファイルなどの削除も可能にして欲しいです。

この記事は「ココログスタッフルーム:ココログ快適生活をお届けします」にトラックバックしました。

※さらに追記 12月 17, 2004
「観測気球」さんからいただいたトラックバックの記事が、いろいろと参考になります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

11月 07, 2004

アフィリエイト標準装備

@niftyBOOKSのアフィリエイトがココログに標準装備になったということで、つけてみました。
マイリストの編集ページの検索窓で、書籍コード(ISBN番号)を調べ、
あとは、それをコピー&ペーストというお手軽さはいいんですけど、
記事のほうに張りつけられるようになると嬉しいです。

実は、ずいぶん前から、アフィリエイト・ネットワークにも登録だけはしていたのです。
他の書籍系のブログを見ると、記事に本の表紙絵が貼り付けてあったりします。
それが、ちょっと羨ましかったりしたもんですから・・・。

で、表紙絵を表示するには著作権の問題をクリアする必要があるわけですけど、
それには、アフィリエイトを利用するのが簡単と、どこかのサイトで読んだのです。
根がミーハーなものですから、それではと、勢いで登録してみたのですが、
よく考えると、記事ごとに絵をつけたら重くなるんじゃないかとか、
お金儲けをしていると嫌われたらイヤだなとか考えてしまって、
結局、ほったらかしにしきてたわけです。

正直言いまして、小銭を稼ぐのは結構好きです。
買い物するとくれるスタンプとかも、ちまちま集めるようなヤツです。
絵があったほうが見栄えがするかもとかも、やっぱり思うわけで・・・。

この時期に、ココログがアフィリエイトを始めたのも何かの運命だとか、
サイドバーに、小さめの絵だからいいかなとか、
自分に言い訳しつつ付けてみました。

マイリストの編集ページの各項目の記入欄は、絵が表示される以外、
これまでの本リストと同じです。
特にリンクのようなものがあるわけでもないんですね。

「買うかもしんない」いうマイリストは、以前から本のリストで作ってきました。
このままでも、問題ないのかな。

絵(サムネイル)の表示のオン・オフは、リストごとの「設定」で可能なようですが、
アフィリエイトのオン・オフはないようです。
直接、書名とかを書き込めば、アフィリエイトなしということでしょか。

@niftyBOOKSは、今のところ中身は、bk1のようですが、
トラックバックは反映されないようです。
独自にトラックバックを受け付けるようにしてくれるとありがたいです。

プラスに、レベルアップできるくらいポイントが稼げると嬉しいなとか思っていますが、
紹介しているのが文庫本なので、ちょっと無理そうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8月 22, 2004

自分のブログをチェックしてみました

先日、「風のまにまに心のままに」さんのところの記事で、HTMLが正しく書かれているか調べられるサイトを知ったので、さっそく利用させていただきました。
HTML初心者なのに、無謀にもこのブログをあちこちいじっているので、ちゃんと出来ているのか気になっていたのです。

Another HTML-lint gateway
The W3C Markup Validation Service
W3C CSS 検証サービス
の各サイトさまを使わせていただきました。

うっ、点数低い。
修正、します。

サイドバーに、スタイルシートを入れているのが一番まずいみたいですが、ココログベーシックなので、削るか残すかの二者択一です。
プラスに切り替えて、スタイルシートのファイルを書きかえられるようにすべきなのかな。

今のところベーシックでも大きな不満はないので、スタイルシート数行のために月450円は微妙な値段です。
もう少し安くならないものでしょうかね。

ココログが標準でつくりだすXHTML自体もけっこう点数を下げているのですか、これはあえてこうしてあるのでしょうか。

初心に返るために(初心者ですが)、「The Web KANZAKI」さんの「30分間HTML入門」を読んでみました。
XHTMLの書き方に準じて説明されているとのことなので、ココログにもあっているかと。

簡潔で分かりやすかったです。

User Agent のことを「利用者」と表現しているのが少し気になりました。
わたしは、「ブラウザ」と読み替えて理解しました。

入れ子やツリー構造についての説明がないのも少し気になりました。
パソコン使って人には、すでに常識なのかな。

とりあえず、独自ファイルのサイト集は、「よくできました」にすることが出来ました。
便利なサイトを公開してくださっている方々に感謝します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月 15, 2004

作家別索引とリンク集

*second message*さんの紹介されていた方法で、本に関する記事の作家別索引を作ってみました。
今は、まだたいした量はないのですが、縦長になっていくであろう将来にそなえて五十音の各行へのページ内リンクもつけてみました。

作家別索引は、ほとんどリンクの塊なので下線つきだとかなり見苦しくなります。
ブログ全体に "text-decoration:none" を指定して下線を消すことも考えたのですが、リンク部を明確にするため下線は必要という意見もあるみたいなので、この部分だけどうにかできないかといろいろやってみました。
一括して指定する方法がわからなかったので、各タグごとに「style=""」で指定しています
そのためソースはかなり見にくくなっています。

これまで、本に関する各記事の最後に、その作家に関係したサイトへのリンクを載せていました。
でも、これだと記事の量が増えるにしたがって、リンク切れのチェックなど管理が難しくなりそうです。
一個所で管理できるように、作家のサイト集も作りました。

シンプルなほうが、ブログらしい思ったので、テキストベースで作ってみました。
これは、独立したhtmlファイルで作り、アップロードでサイトに加えました。
色の指定などは、ヘッダのスタイルシートで指定しているので、ソースをコピーして、各作家のサイトへのリンクの部分や色指定を変更すれば、自分のブログ用にカスタマイズするのも簡単だと思います。

サイドバーからの呼び出しは、ターゲット指定で別窓を開くようにしています。
ファイルは、utf-8で作成しています。

追記:2004年08月18日 20時03分40秒
リンクの下線は、索引全体を<div class="nondeco">で囲んで、サイドバーに入れたスタイルシートで非表示を指定するように変更しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月 07, 2004

ミニBBSを設置

プロフィールにミニBBS、目からウロコでした。

◆やんちゃ姫通信◆さんのところで見かけたミニBBSがカッコ良かったので、まねしてみました。
**掲示板を設置してみたけど**」に詳しい設置方法が書かれていたので利用させてもらい、◆やんちゃ姫通信◆さんと同様にプロフィールにミニBBSを設置しました。

メールアドレスを公開していないこともあり、かわりに連絡・雑談用の掲示板を設置しようと、掲示板のCGIとして2apes.comさんの apeboard+ を準備中でしたのでこれを流用しました。

apeboard+ は、skin を換えるだけで、簡単に普通の掲示板に戻すこともできるので安心感があります。
偶然、、◆やんちゃ姫通信◆さんもこれを利用されていたのも心強かったです。

しかし、サイドバーにぴったりくる skin を見つけられなかったので、◆やんちゃ姫通信◆さんのミニBBSを参考に自作してみました。
やりだすとなかなかやめられず、本も読まずに、これにかかりっきりです。
こういうチマチマいじるのって中毒性が高いです。

apeboard+ は、KOROPPYの本棚さんのところで見かけて、一目惚れしました。
まるで人まね小猿状態ですが、今後も、*second message*さんの紹介されていた作家別indexなども真似させてもう予定です。
わたしも、将来的に何か貢献できればと思っています。

なかなか満足のいくフォントや色使いが決められないので、掲示板の外観をチョコチョコ変更するとは思いますが、機能的には問題ないと思うので利用していただけるとありがたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

7月 29, 2004

サイドバーでスタイルを指定

「本好きPeople」の掲示板で、Izumiさんの「本好きPeople参加サイトのためのBlogPeople Tips」という記事が紹介されていたので行ってみました。

「リンクリストにスクロールバー」が面白そうだったので、早速やってみます。
CSSファイルをいじるのは大変そうなので、マイリストのメモ欄を使うBlogPeopleの方法でやってみました。
で、いろいろといじっていたら、なんか出来てしまいました。
スクロールバーが表示されています。

さらに、先日、いただいたコロッピーさんのコメントにあったコードも組み込んでみます。
“スタイル”を「清流」に戻してみても、サイドバーの画像に枠線は表示されません。

調子に乗ってスクロールバーの色も変えてみました。

できたのが以下のコードです。


<style TYPE="text/css">
<!--
.blogpeople-main{
height: 200px;
overflow: auto;
scrollbar-base-color: #DCDCDC;
}
.sidebar img {
border: none;
}
-->
</style>

(これを、メモ欄のBlogPeopleのリスト表示用のコードの後ろに追加します。)

<head> ~</head>の間に書かなくても本当に大丈夫なのとか。
他のブラウザでもちゃんと見えているのかとか。
これで本当に良いのかは、自信がありません。
右サイドバーに入れているのはせめてもの気休めです。

それに、自分のBlogPeopleリストにも、このスタイルが適用されてしまってるんですよね。

「だれぞに迷惑かけるからヤメレ」というご指摘や、こうしたほうがいいという添削をしていただければありがたいです。

参考にさせて頂いたもの:
本好きPeople参加サイトのためのBlogPeople Tips
コロッピーさんのコメント
BlogPeople - タグに関して
BlogPeople - 「ココログ」ユーザーが利用する場合の設定方法の第10項

追記(2004年07月31日 23時30分):
本好きPeopleのリストのコードを <div> で囲んでクラスを指定してみたら上手くいったので、書いておきます。
また、「清流」の場合、右サイドバーのIDが設定されているようです。
#right を指定すれば、右サイドバーの枠線だけを消せます。
変更したコードを書いておきます。


<div class='long-list'>
 [ここに本好きPeopleリストのコードを書く]
</div>
<style TYPE="text/css">
<!--
.long-list{
height: 400px;
overflow: auto;
scrollbar-base-color: #DCDCDC;
}
#right img {
border: none;
}
-->
</style>

| | コメント (0) | トラックバック (1)

7月 27, 2004

参加者リストを一発表示

「本好きPeople」に参加したので、参加者の一覧をサイドバーに表示することにしました。

「本好きPeople」のURLをBlogPeopleのリンクリストに登録すれば、自動で一気に参加サイトの一覧が表示されるのかと思っていたのですが、「本好きPeople」へのリンクが表示されただけでした。
他の参加者の方のブログの多くでは、一覧が表示されているのだから何か方法があるはずだと、BlogPeopleのリンクリストの設定を色々といじったりしてみましたが、どうしてもうまくいきません。

一つずつ自分でリストに追加して行くしかないのか・・・?
根気がないので、あきらめも早いです。
参加しているサイトを少しずつ巡ってみるつもりだったから、その時にでもリストに追加していけばいいよねと誰にともなく言い訳してみたりします。

BlogPeopleのリンクリストに項目が一つだけなのが淋しい感じなので、気分転換もかねて更新マークを作ってみることにしました。
大きさは、更新マークの一覧を参考に16×16にします。
モチーフは、夏らしく金魚です。
そして出来たのがこれ kingyo.gif
BlogPeopleでは、少し前に更新マークデザインコンテストがあったらしいのですが、ちょっと参加してみたかったり。

表示させてみると枠線がついてしまいました。
サイトバナーのときは、style属性を指定することで回避できたのですが、BlogPeopleのリストは、アクセスのたびに送られてくるものなので、直接の手出しは無理そうです。
リスト表示用のJavaScriptの後ろに、styleタグを書くことでスタイルを指定できるようなのですがよく分かりません。
カッコ悪いけど、とりあえず表示はされているので良しとします。
「今日はこのへんで勘弁してやる」とか言ってみます。
ちょっと、むなしいです。

一段落ついたので、「本好きPeople」に参加したというトラックバックをいただいた*second message*さんに行ってみることにしました。

*second message*さんのサイドバーには「本好きPeople」参加者の一覧が出ているではありませんか。
参加して間もないのに全て手作業でリスト登録されたのだろうか?
凄い努力家の方もいるのだなあ、見習わなければと感心したりしました。
しかし、記事を読んでみるとどうも簡単に一覧を表示されたようなのです。
一発登録といった感じです。

やはり、なにか未知の方法があるのだ。

初心にかえり、もう一度、「本好きPeople」へ行って参加方法の記事をよく読んでみました。
何度も見直していると、下のほうに何かタグが表記されているのに気がつきました。
これってBlogPeopleのリスト表示用のタグでは?
そういえば、*second message*さんの記事に「登録後こちらのリンクリストを自分のブログに貼り付けると」と書かれていたではありませんか。
このタグをコピーして張りつけるということなのかな?

新しくリンクタイプの「マイリスト」を作ってサイドバーに張りつけてみました。
おお、表示されたではないか。

・・・しかし、見にくい。
全ての「<-CHECK」に枠線がついてしまっています。

仕方がないので、「スタイル」を変えることにしました。
「清流」涼しげで夏向きだと気に入ってたんだけどな。
同じ青系統の「アメジスト」に変更・・・。
枠線の表示が消えてスッキリしました。

他人のリンクリストを借りて自分のブログに張りつけるという発想がまったくなかったので、*second message*さんの記事を読まなければ、いまだにどうすればいいのか分からなかったでしょう。
直リンクは、すべて悪という思い込みがあったのですが、この場合、負荷がかかっているのはBlogPeopleで、管理人の方のブログではないのだから、いわゆる直リンク問題は起きないということでしょうか。

更新情報サービスってココログナビの新着記事一覧のようなものなのかなと思っていたのですが、それだけではないようですね。
会員同士なら、こちらがリンクリストに載せたことが相手に分かるので、ブログではない個人サイトで行われている相互リンクをスマートにしたようなものでもあるようですし。
あらためてブログって奥が深いと思いました。

自分のBlogPeopleのリストも充実させていきたいのですが、気になるブログを勝手に自分のリストに載せてよいものなのでしょうか?
いけない理由はないと思うのですが、ココログナビの「早分かり-応用編」の「人」リストの説明にある「自分のウェブログから友だちの更新状況をチェックできる」の一文が心に引っかかっています。
リストに載せたいなら、まず友だちになってからってことなのでしょうか?
それだと、ちょっと敷居が高いです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

7月 26, 2004

恥かしくて言えません

初めて、トラックバックをもらって実感しました。
「これは良いものだ」と。
自分のブログからトラックバックをたどって、読み進んでいくのは、独特の体験です。
普通にリンクをたどるのは路地裏を歩き回ってだんだん細い道に入り込んでいく感じですが、自分のブログに送られたトラックバックから出て行くのは世界が広がる感じです。
世界は一つ、人類皆兄弟と叫びたい感じなのです。
恥かしいから叫んだりはしませんけどね。

これまで、トラックバックされたほうの受け止め方が、想像もつかなかったのでリンクはしてもトラックバックは避けてきたのですが、これからはどんどんトラックバックしていきたいものです。

そこで、「トラックバック野郎」を利用して練習です。
やり方を間違って相手のブログに迷惑をかけてはいけないですからね。
えっと、現在のお題は・・・「ときめきポイント!」。

・・・いきなり挫折しました。
いくじなしとなじってください。
でも、こんなコッパズかしい「お題」に答える勇気は、わたしにはありません。
「なんば言わすっとですか」というやつです。
人間長く生きていると人には言えないことの一つや二つはあるものなのです。
次ぎの「お題」を待ちます。

と思いましたが、ここまでを読み返してみれば、これはこれで「お題」に関係した記事なのではと感じました。
明日には、「お題」が変わるので、晒される期間が短いのも高ポイントです。
なので、トラックバックしちゃいます。

「お題に答えてないじゃん」というツコミもおありでしょうが、そのときは、テストだったのだと言い逃れます。
テストのときは、記事のタイトルを「バックオーライ!」としろと書いてあるぞと言われたら、開き直ります。
オレ様は、やりたいようにやるのだ ぐへへへへっ というやつですね。

ウソです。謝ります、小心者ですから。
というわけで少しビクビクしながら「バックオーライ!」。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

7月 25, 2004

「本好きPeople」に参加

KOROPPYの本棚さんの「本好きのためのTBポータルサイト&リンクリスト」を読んで以来、気になっていた「本好きPeople」に参加しました。

参加方法は、「本好きPeople: 本好きpeople について」に書かれています。
というわけで、参加登録開始です。

BlogPeopleに入っている必要があるらしいので、まずはそこに会員登録です。
ついでに、MyblogListにも会員登録。
こういうのって勢いですから。

BlogPeopleに入っていれば、[本好きPeopleを登録]とリンクをクリックするだけで、参加希望を出せるようです。
なんか簡単過ぎて、本当にこれだけで良いのか?とか思ってしまいます。

指示通りクリックすると、自分のBlogPeopleのリンクリストに「本好きPeople」が追加されました。
BlogPeopleの被リンクリストを知らせる機能によって、管理者の方に参加希望が伝わるようです。
なるほど、こういう仕組みなわけですね。

後は待つだけです。
断られたらどうしよう、ほったらかしにされたらどうしようとドキドキしながら、BlogPeopleの被リンクリストをチェックしていましたが、管理者の方の対応は早く、ほどなく参加させていただきました。
いや、こういうのって不思議と楽しいですね。

「本好きPeople」には、すでにかなりの参加者が集まっているようです。
しかし、スタートして間もないため、まだ規約のようなものも固まっていないようです。
規約の案としては、「本に関するエントリーが10件以上」といったものも出ているようです。
そこで、自分のブログの本に関するエントリーを数えてみました。
うっ、7つしかない。
・・・不名誉な追放者・第一号?

がんばって、本を読まねば。
ライトノベルは頑張って読むようなものじゃないですけどね。
まあ、ぼちぼちやっていくつもりです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

7月 22, 2004

サイトバナーの作法

この前の土日、暇だったのでサイトバナーを作ってみた。
ブログを初めて、あちこちの個人サイトを積極的にまわるようになってから、ずっと気になっていたのだ。
綺麗な画像の上にサイト名を入れたような横長のやつだ。

まず、他のブログがどんなバナーを使っているのか知るために ココドコ?(「未定。」) などを使わせてもらってあちこち見て回る。
ほとんどのブログには、サイトバナーがない。
あっても思っていたのよりもずいぶんと小さな88×31といった大きさのバナーだ。
こんな小さいんじゃ絵なんて描けないと不満に思ったが、長いものには巻かれる主義のわたしは、それに合わせることにした。

これだと、フルカラーの絵を単純に縮小したりトリミングするよりも、新しくシンプルなドット絵を直接描いたほうが良さそうだ。
目立つようにアニメgifで作ってみることにする。
今後、ボタンやら何やらを作るときのことも考えて、メイン・キャラクターを決めておこう。
安直だけど猫にする。
だって猫が好きだからだ。

これまで描いていた猫を縮小してみるが、小さくすると猫だか犬だかわからなくなった。
ヒゲを付け足してみる。
良い感じだ。
キャラクターはこれで完成。
文字は、一番横線の多い「書」の字に大きさをあわせて、1ドットの線で描く。
下側が重たい感じだったので少し削ってみて完成。
それと読書のブログを目指すことにしたので、猫の大きさにあわせて本も描いておく。
あとは、これらを適当に組み合わせてっと・・・。

作業は順調に進んでそれらしいものが取り合えず完成した。
あとは、細かな修正をしてブログのサイドバーに張りつけるだけだ。
(修正を加えた完成版がこれ

出来たバナーを画面に表示して、紅茶なんぞを飲みながら満足げに眺めてみる。
「ティーパックって香りなさすぎっ」とか思っていたとき、ふと、どうして88×31なんて、中途半端な大きさなんだろうと思った。
88は、ゾロ目でいいとしても、31の「1」ってなんだよ。
もしかして、なにか根本的に勘違いしているのでは?
不安になってきた。

判らなければ調べるということで「サイトバナー」で検索をしてみる。
あちこち見てみるが、これが正しいといった「バナーの作法」を明確に示した記述はなかなか見つからない。
わざわざ書くまでもないほどの一般常識ということか?
それともバナーの大きさは、自由で決まりなどないのか?
しかし、それだとリンクのページなんかで並べた時に困るだろう?
現に「素材屋さん」なるものでは、88×31や200×40といったバナーをずらずらっと並べたりしている。
なにか世界標準のようなものがあるはずだ。

気を取り直し「サイトバナー 88×31」で検索すると「コミケ/ 通信用語の基礎知識/ バナーについて/ サイトバナー」というページが見つかった。
コミケ同人(セーラームーン?)のサイトらしいが、バナーについての解説は分かりやすく詳細だ。
(未知の言語である同人用語の解説が充実していて読んで回るのも面白いが、18禁関連の項目も多いので、お子様は注意が必要)
ここによれば、88×31は由緒正しいサイズらしいのでとりあえず一安心だ。

調子にのって更なる知識を求めて放浪していると、ダサいホームページ作成マニュアル凝縮版というところにたどり着いた。
「2chのWEB製作管理板」をまとめたものらしい。
何かの参考になるかと「バナーがやけくそにでかい」という項目を読んでみた。
基本的には、ファイルサイズの大きなバナーはダメということらしいが、「アニメgifも嫌われているのかな?」と思われる書き込みもチラホラある。
しかし、ぜんぶ読んでもアニメgifがどうダメなのか今一つハッキリしない。

見なかったことにしようかとも思ったが、横っちょでアニメgifのバナーがチラチラしていたら文章が読みにくいかなとも思ったので、単なるPNG画像に改造することにする。
一部のコマを抜き出して、微調整すれば済むから楽勝と思ったからだ。
ところが、思いのほか限られたドット数での修正は難しく、アニメgifを作ったとき以上に時間がかかってしまった。
うーん、疲れた。
こんなの作ったりして横道に外れまくっていた自分が悪いんですけどね。

というわけで、完成したバナーを KOROPPYの本棚さんを参考にサイドバーに設置。
枠線がついてしまうので、ソースを見て「ココログのロゴ」のタグを参考に修正。
ついでに、此処録ANNEX:ココログTIPSさんや、あそびをせんとやうまれけむさんなども参考にさせて頂いて「ページの最初へ」をつけたりなど、ちまちまいじってみた。

他にも、アクセス解析の「忍者TOOLS」の小さいバナーの方は、隠れたりするこっそり感が来た人を不安にさせるのではと、サイドバーに表示するようにしてみたんだけど、チラチラ目立って邪魔くさい。サイドバーに小さいバナーを表示しているブログを結構見かけたんだけどあれはどうやってるんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)