« 2005年1月 | トップページ

2月 28, 2005

スポ根でツンデレな妹「銀盤カレイドスコープ 4」

有名フィギュアスケーターを姉に持つ少女が、自分にとっての大切なものを見つける成長物語り。
「銀盤カレイドスコープvol.4 リトル・プログラム:Big sister but sister」著:海原零/絵:鈴平ひろ(スーパーダッシュ文庫 2月刊)

今一つ自分の演技に自信を持てない12歳の桜野ヨーコ。
競技会後の更衣室で、神尾来夢・12歳に嫌味を言われます。

コミカルで爽やかです。
疾走感のある演技のシーンが素晴らしいです。
ぜんぜんスケートなんて詳しくないのにドキドキします。
前作からは半年経った秋のお話です。

桜野ヨーコ、悩める小学6年生です。
苦労しているせいか、ませています。
いろいろとつたない感じも良かったです。

本編の主役である桜野タズサ、今回は脇役です。
語りはヨーコの一人称なので、タズサは妹から見た姉として描かれています。
多少変わり者でも、頼りになる優しい姉です。

他のレギュラーたちも、ヨーコ視点なので微妙に違う印象なのが面白かったです。

帰宅後の一連のエピソードは、おまけの短編といった風に分けてもらったほうが、余韻に浸りやすかった気がします。

シリーズは、続くみたいで楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月 01, 2005

讃えられる代償「イコノクラスト! 2」

うかつな少年が、周りに煽られて巨大ロボットで戦う異世界スチームパンクです。
「イコノクラスト!(2)He acts heroism 英雄」著:榊一郎/絵:OKAMA(MF文庫J 1月刊)

ついに最初の一体を撃破した省吾。
秘密結社レネゲイドは、より大きな権勢をもとめて策謀を始めます。

やや鬱系です。
目隠しをして地雷原を歩く主人公を、ハラハラしながら眺める感じです。
あからさまではありませんが、グロテスクな設定があります。
懸命な少女たちが、ダークさを緩和しています。

主人公の省吾、異世界に跳ばされた普通の高校生です。
気付いてないだけで、すでにヤバイ事になってます。
まともそうなメリニが、なにげに一番壊れていそうで怖いです。

花梨あいかわらず頼りない従兄をかかえて苦労しています。
主人公に姫巫女の2・3人も篭絡する根性があれば楽なんでしょうが。
ゼブロンとペルテアの父娘は、多少力になってくれそうな感じもします。

レネゲイドの巨頭のみなさん、あいかわらず策謀に忙しそうです。
いくぶん憂鬱そうな省吾を見て、宇宙飛行士のガガーリンを思い出しました。

あとがきによると10巻程度を予定しているそうです。
崩壊は早く来そうな気がするのですが・・・。
花梨には頑張って生き残って欲しいものです。

リンク集: 榊一郎OKAMA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ