« 讃えられる代償「イコノクラスト! 2」 | トップページ

2月 28, 2005

スポ根でツンデレな妹「銀盤カレイドスコープ 4」

有名フィギュアスケーターを姉に持つ少女が、自分にとっての大切なものを見つける成長物語り。
「銀盤カレイドスコープvol.4 リトル・プログラム:Big sister but sister」著:海原零/絵:鈴平ひろ(スーパーダッシュ文庫 2月刊)

今一つ自分の演技に自信を持てない12歳の桜野ヨーコ。
競技会後の更衣室で、神尾来夢・12歳に嫌味を言われます。

コミカルで爽やかです。
疾走感のある演技のシーンが素晴らしいです。
ぜんぜんスケートなんて詳しくないのにドキドキします。
前作からは半年経った秋のお話です。

桜野ヨーコ、悩める小学6年生です。
苦労しているせいか、ませています。
いろいろとつたない感じも良かったです。

本編の主役である桜野タズサ、今回は脇役です。
語りはヨーコの一人称なので、タズサは妹から見た姉として描かれています。
多少変わり者でも、頼りになる優しい姉です。

他のレギュラーたちも、ヨーコ視点なので微妙に違う印象なのが面白かったです。

帰宅後の一連のエピソードは、おまけの短編といった風に分けてもらったほうが、余韻に浸りやすかった気がします。

シリーズは、続くみたいで楽しみです。

|

« 讃えられる代償「イコノクラスト! 2」 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38883/3118215

この記事へのトラックバック一覧です: スポ根でツンデレな妹「銀盤カレイドスコープ 4」:

« 讃えられる代償「イコノクラスト! 2」 | トップページ