« 人間であらねば「君の居た昨日、僕の見る明日2」 | トップページ | 迷子の魂「ぴよぴよキングダム 2」 »

1月 26, 2005

夏休みに正義の味方「渚のロブスター少女」

少し不器用な少女が、海で頑張るコミカル・レスキュー物語りです。
「渚のロブスター少女」著:あきさかあさひ/絵:MATSUDA98(ファミ通文庫 1月刊)

泳ぎをおぼえられないまま夏休みをむかえた中学2年生のみお。
兄にそそのかされ特殊装備で海難救助活動を始めます。

新人さんです。
地味です。
萌えバカ小説を想像していたので少し肩透かしに感じました。
海辺の町が舞台の、少女の心の成長物語りです。
ほのぼの爽やかで、思いのほか楽しめました。

主人公の海老原みお(深青)、カナヅチの女の子です。
イルカと泳ぐことを夢見て努力しています。
真っ直ぐさが眩しいです。

兄の真太郎、マッドな登場のわりに、普通にいいお兄さんです。
なにか物足りません。
ハジケてるのかシリアスなのか色付けが不安定で、印象がやや弱いです。

イルカのククーラ、可愛いです。
親切な水族館のお姉さん・新谷京子や、意外に鋭い友達の白沢亜由美もいい感じです。

あの黒幕を放ったらかしで終わっているのは、スッキリしませんでした。

優しく率直な雰囲気に、好感が持てました。
ククーラの活躍なども見てみたいです。

リンク集: あきさかあさひMATSUDA98

|

« 人間であらねば「君の居た昨日、僕の見る明日2」 | トップページ | 迷子の魂「ぴよぴよキングダム 2」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38883/2704912

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みに正義の味方「渚のロブスター少女」:

« 人間であらねば「君の居た昨日、僕の見る明日2」 | トップページ | 迷子の魂「ぴよぴよキングダム 2」 »