« 離島の夏休み「ミナミノミナミノ」 | トップページ | 大騒ぎの年の瀬「白い迷宮」 »

1月 15, 2005

アホなのに強敵「いぬかみっ! 5」

怪異を祓う犬神使いと、その犬神とのドタバタを描くラブコメ風のバカ小説です。
「いぬかみっ!5」著:有沢まみず/絵:若月神無(電撃文庫 1月刊)

啓太が、格好よかったです。
今回は、変態度は低めでした。

構成は、短編3つに中篇が1つです。
たゆねがメインの怪談大会と、なでしこが啓太を癒す話は、いつも通りの軽い短編です。
中篇は、珍しくシリアスな感じで面白かったです。
最後の短編では、なにげに重要な設定が明かされます。

口絵にキャラクターの紹介をかねたミニコミックが、各話の最後に4コマまんががついてます。

女の子の比率は高いのですが、ハーレム物といえるかは微妙なシリーズです。
これまでのエピソードやキャラクターを把握していることを前提に書かれていて説明はあっさりめです。

川平啓太、犬神使いの高校生です。
言動は軽薄ですが、意外とストイックにも見えます。
不幸を呼び寄せる体質なのか、妙なモノや変質者につきまとわれます。
ようこ、啓太のパートナーの犬神です。
情が深く独占欲が強い少女(?)です。
わがままで乱暴ですが、けなげです。

妙に最後きれいに終わっていて、一瞬、最終話?と思ってしまいました。
あとがきによると、シリーズはまだまだ続くみたいです。

|

« 離島の夏休み「ミナミノミナミノ」 | トップページ | 大騒ぎの年の瀬「白い迷宮」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38883/2583179

この記事へのトラックバック一覧です: アホなのに強敵「いぬかみっ! 5」:

« 離島の夏休み「ミナミノミナミノ」 | トップページ | 大騒ぎの年の瀬「白い迷宮」 »