« 【本好きPeople/本好き大賞推薦作品】 | トップページ | ゆらぎだす日常「マージナル・ブルー」 »

12月 12, 2004

てのり女王「アガルタ・フィエスタ!」

3000年を生きる古代の女王と少年のボーイ・ミーツ・ガールです。
「アガルタ・フィエスタ! てのひらに女王を!」著:三田誠/絵:双龍(電撃文庫 12月刊)

主人公の少年・まどかは、幼馴染といった博物館の人形展で一体の人形に魅せられます。
彼らは、トレジャーハンターたちの秘宝をめぐる争奪戦に巻き込まれてしまいます。

ストーリーはオーソドックスで、面白かったです。
最初、ギャグが上滑りしていて、買って失敗したかと不安になりました。
中盤以降、シリアスさが増すにつれて盛り上がり、楽しめました。

主人公の八王子まどかは、ご飯を作る骨董品好きな高校1年生の男子です。
ことさら特別な力を発揮はしませんが、恥ずかしくても頑張る勇気があります。
年若い(?)女王・イセリアも、傲岸で健気ないいヒロインです。

おっとりとした母親の雛乃さんが、いい味だしてます。
ばったもんインディー・ジョーンズなクロードも、格好良かったです。

幼馴染の日渡詩奈と雛乃さんについては、やや描写が不足気味で心情が分かりにくいところがありました。
読んでいる間は、主人公と女王の関係を追いかける感じなのでそんなに気にはなりませんでしたが・・・。
後半の雛乃さんがPDAを見るシーン、あらかじめバッグに細工がしてあったということでしょうが、何の説明もなくて戸惑いました。
これって、彼女が息子を心配していたことを示す重要な設定だったのではないのでしょうか。

主人公が安易な覚醒キャラではなかった点も良かったです。
秘宝もへっぽこで、戦闘シーンを面白くしていました。
きれいに終わっているので、続けてグダグダになるよりはここで終わって欲しい感じです。

リンク集: 双龍

|

« 【本好きPeople/本好き大賞推薦作品】 | トップページ | ゆらぎだす日常「マージナル・ブルー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38883/2241174

この記事へのトラックバック一覧です: てのり女王「アガルタ・フィエスタ!」:

« 【本好きPeople/本好き大賞推薦作品】 | トップページ | ゆらぎだす日常「マージナル・ブルー」 »