« 文化祭のスケッチ?「あそびにいくヨ! 5」 | トップページ | 幼くても皇女「アダルシャンの花嫁」 »

11月 30, 2004

正義の会計士「女子大生会計士の事件簿 DX.2」

会計の視点で出来事を語る、珍しいタイプのショートショートの2巻目です。
「女子大生会計士の事件簿DX.2 騒がしい探偵や怪盗たち」著:山田真哉/絵:久織ちまき(角川文庫 11月刊)

教えて君である新米会計士補の一人称で語られるショートショート、7編です。
下僕状態の会計士補・一麻が、年下で先輩の女子大生会計士・萌実に甘えます。

内容的には、経済物の初心者向けです。
ミステリー風味で、コメディ風味ですが、どちも薄味です。
挿絵はありません。
お金の話が好きなので、それなりに楽しめました。

前回は、企業の不正を暴くといった話が中心でした。
今回は、会計的なトラブルに困っている人(経営者含む)を助ける話が多くなっています。
助ける対象が明確なので、親しみやすかったです。

主人公の柿本一麻、嬉しそうに萌実のパシリをしてます。
藤原萌実、休暇旅行も仕事仲間と一緒で、あいかわらずのナンチャッテ女子大生振りです。

シーン入り口での情景描写が、はしょり気味です。
雰囲気がつかみにくく、情感は平坦な感じです。
主人公の一人称なのに、妙に客観的な書き方がされています。
物語りのテンションは低めです。

前回同様、新書版に比べ、2編が追加されて、巻末資料は少なくなっています。
追加されているのは、資金管理の話と、棚卸立会・売上原価の話です。

後を引かない軽いショートショートなので、空き時間などに読むにはちょうど良い感じです。

リンク集: 山田真哉久織ちまき

|

« 文化祭のスケッチ?「あそびにいくヨ! 5」 | トップページ | 幼くても皇女「アダルシャンの花嫁」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38883/2115076

この記事へのトラックバック一覧です: 正義の会計士「女子大生会計士の事件簿 DX.2」:

« 文化祭のスケッチ?「あそびにいくヨ! 5」 | トップページ | 幼くても皇女「アダルシャンの花嫁」 »