« 大きな卵「ディアスの天使」 | トップページ | 戦うお祭り「吉永さん家のガーゴイル5」 »

10月 21, 2004

おいしそうな本たち

読書にお茶とおやつは、付き物ということで、
本好きPeopleのTB企画「食欲の秋? おいしそうな食べ物が出てくる本を教えて!」に参加します。
食べ物が印象的だった本を思いつくままにピックアップしてみます。

魔法使いのティータイム」著:とまとあき・塚本裕美子/絵:伊東岳彦
異世界での日常の調理風景がいい感じです。
果物とかの食材も美味しそうです。
異世界で、魔法使いの弟子となった現代日本の少女が主人公です。
魔法がなかなか上達しません。
でも料理が身を助けます。
異世界から勇者が現代日本にやってくる「わたしの勇者さま」の続編です。

丘の家のジェーン」著:モンゴメリ
プリンス・エドワード島に滞在中は、主人公が家事を切り盛りするので、
料理中心の展開になります。
朝食ができるのを待つ間、ドーナッツを食べながら庭を散歩するシーンが好きです。

にゃんこ亭のレシピ」著:椹野道流/絵:山田ユギ
丼山盛りの南瓜の煮付け・・・、なんか良いです。
レシピ付きです。
新鮮で質の良い食材というのは、やっぱり食欲をそそります。

「フォーチュン・クエスト」著:深沢美潮/絵:迎夏生
主人公のパステルが食事と会計を担当しているので、料理シーンがよく出てきます。
パステルの作るお弁当や、食堂のメニューなどが、ときどき挿絵で解説されていたりします。

ランサム・サーガ」著:アーサー・ランサム
人生で大切なのは、きちんと食事をとることだといった感じで、
お茶や食事のシーンが要所要所に挿入されています。

「イリアの空 UFOの夏 その3」著:秋山瑞人/絵:駒都えーじ
第1話の「無銭飲食列伝」。
ヒロイン二人の、壮絶な大食いバトル、大迫力です。

青い剣」著:ロビン・マッキンリイ
デザートとして出てきたバリバリ音をたてる甘いものを食べるシーンとか、
狩猟猫ナルノンが、主人公に分けてもらうお粥とか、
ラップラン試練会の後、大鍋の料理をむしゃむしゃ食べるシーンなど、
印象的で、食欲をそそられるだけでなく、そのときの主人公の心情を表す描かれ方がされています。

「プリンセスメーカー ゆめみる妖精」著:細江ひろみ/絵:四位広猫
屋台のココアとかに引かれます。
ライアンの作った「シチューのようなもの」もいい感じです。
ゲームのノベライズですが、ゲームを知らなくても楽しめます。
あったかくていい物語りです。

ロケットガール シリーズ」著:野尻抱介/絵:山内則康・むっちりむうにい
宇宙飛行士である主人公たちは、食事が制限されているので、食べ物が重要な意味を持っています。
ハーガウとかイチジクの実とか、美味しそうです。

・・・きりがないのでこのくらいで。

こうしてリストアップしてみると、シンプルで日常的なものに、食欲を刺激されているみたいです。

|

« 大きな卵「ディアスの天使」 | トップページ | 戦うお祭り「吉永さん家のガーゴイル5」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38883/1739329

この記事へのトラックバック一覧です: おいしそうな本たち:

« 大きな卵「ディアスの天使」 | トップページ | 戦うお祭り「吉永さん家のガーゴイル5」 »