« 恋に惑う少年「此花 死神伝説の真相」 | トップページ | 悩める電脳「ディアスの戦士」 »

10月 17, 2004

少女艦長「ディアスの少女」

猫とネズミが、少女を助けて巨大戦艦を取り戻そうとするスペースオペラです。
「銀河聖船記1 ディアスの少女」著:岡本賢一/絵:鈴木雅久(ソノラマ文庫 1994年刊)

間近に巨艦ディアスが浮かぶ人工惑星C11。
元々は、200年前の銀河大戦を終結に導いたディアスの保存・整備のためにつくられた人工惑星でしたが、いまではスラム化が進んでいます。
住人は、自由の象徴であるディアスに引かれて集まった、合成種族(バイオハーフ)と呼ばれる人造の半人半獣の人々です。
ある日突然、賞金稼ぎの猫種の青年アドラの部屋の屋根を突き破って少女の入ったカプセルが落ちてきます。
面倒なことには関わらずにおこうとするアドラですが、住んでいるC11の危機を知ってしまってさあ大変といったストーリーです。

老人たちが元気です。
アドラ、シニカルぶったお人好しです。
13歳の少女がけなげです。
鼠サイズの「ネズミ」もいい味出しています。

敵役も、いい感じに性格の屈折した皇太子、実直な女性副官、陰険で小役人な現場指揮官と、ツボを押さえています。

ディアス、超大型の反粒子砲を備えた大艦巨砲主義の素敵な船です。
熟練した艦員ごと眠らせて保存されているというSFならではのスケールです。

ジェットコースタームービーといったストーリーで、アクシデントとアクションのてんこ盛りです。
群像劇風に描かれています。

全3巻のシリーズです。
続き物ですが、各巻ごとに微妙にカラーが違います。
関連作品に、世界観と一部キャラクターを共有する銀河冒険記シリーズがあります。

リンク集: 岡本賢一

|

« 恋に惑う少年「此花 死神伝説の真相」 | トップページ | 悩める電脳「ディアスの戦士」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38883/1703452

この記事へのトラックバック一覧です: 少女艦長「ディアスの少女」:

« 恋に惑う少年「此花 死神伝説の真相」 | トップページ | 悩める電脳「ディアスの戦士」 »