« ターニングポイント?「つづくオン・マイ・オウン」 | トップページ | 子供時代との別れ「西の善き魔女1」 »

10月 24, 2004

生意気ヒヨコ「ぴよぴよキングダム」

ヒヨコにとり憑かれた少年と少女のコメディタッチのラブストーリーです。
「ぴよぴよキングダム」著:木村航/絵:竹岡美穂(MF文庫J 10月刊)

無難に地味に生きていこうとしていた主人公。
朝起きたら、頭の上にヒヨコが住みついていて・・・。
恋と歌と贈り物の日々が始まります。

起伏のある展開で楽しめました。
バカっぽい設定なのに、妙に生活感があります。
説教くさくなってないのもいいです。

勢いのあるストレートなエンターテイメントなのに、どこか繊細です。
イラストも、そんな雰囲気にぴったりです。

前半は森山拓の、後半は磐座あかりの一人称で語られます。
SFっぽいのりです。
バトルシーンもあって盛り上げてくれます。

ピックル、可愛いやつです。
決死の恋愛なのが鳥っぽいです。
苦労人で根性のあるヒロイン、素敵です。
朗らかだけど本心を見せないチュルリラ姫も、お姫さまらしいお姫さまです。
大家さん、楽しいキャラです。
仁村優、地味にいい感じです。
ストーリー中心の展開ですが、キャラクタの個性も魅力的です。

サブキャラのエピソードが少なくなるのは仕方がないのですが、もったいない気もします。
続編を読んでみたいような、きれいに終わっているのでこのままがいいようなそんな感じです。

リンク集: 竹岡美穂

|

« ターニングポイント?「つづくオン・マイ・オウン」 | トップページ | 子供時代との別れ「西の善き魔女1」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38883/1762619

この記事へのトラックバック一覧です: 生意気ヒヨコ「ぴよぴよキングダム」:

» ぴよぴよキングダム [Alles ist im Wandel]
  ぴよぴよキングダム / 木村航 あおりがすごいよね 「モリヤマヒラク! これより貴様は我輩の従者であり、かつ領土である!」 これを言ってるのがケンシロウばりの眉毛にZEEDばりのモヒカントサカのひよこだってんだから、 興味持たないほうがどうかしてるっしょ? んで..... [続きを読む]

受信: 9月 04, 2005 10:10 午後

« ターニングポイント?「つづくオン・マイ・オウン」 | トップページ | 子供時代との別れ「西の善き魔女1」 »