« おいしそうな本たち | トップページ | ターニングポイント?「つづくオン・マイ・オウン」 »

10月 22, 2004

戦うお祭り「吉永さん家のガーゴイル5」

日常に不思議な人や物が混在する、家族の絆がテーマのコメディ・シリーズです。
「吉永さん家のガーゴイル5」著:田口仙年堂/絵:日向悠二(ファミ通文庫 10月刊)

物語りの中では春ということで、南口商店街では春祭り・さくら祭りが一週間ほど開かれます。
今年は、商売上のライバル・北口商店街がセールをぶつけて来ます。
いつものメンバーも加わり、しだいにお祭りはヒートアップしていきます。

パパさんが熱いです。
吉永家の最強キャラ・ママさんも、大暴れです。
楽しくって、少し哀しく、あったかい物語りです。

今回は、お祭りらしく、ほぼオールキャストといった感じです。
新たなバカキャラも加わります。
微妙に小者ですが、このくらいで丁度よかったです。

本質的な悪人は登場しないので、ほのぼの読めます。
物語りの中では、季節が一巡りです。
絵のシンクロ率も高く、一体となって雰囲気をつくっています。

百色、すっかりご町内にとけ込んでます。
東宮は、しっかりしていそうで、相変わらず迂闊です。
ケルプのほうが役に立ってます。
デュラハンが華麗な駐車テクニックを披露します。
オシリス、言葉を交わすのは和己とだけですが、やはり特別な想いがあるのかな。
傲慢で世間知らずだった彼女も、いい感じに成長してきているようです。

ご神木の桜が綺麗です。
南口商店街の、二つの剛の者の集団は、今後も登場するのでしょうか。

リンク集: 田口仙年堂 日向悠二
ファミ通文庫の公式サイトに、登場人物紹介ショート・ショートが掲載されています

|

« おいしそうな本たち | トップページ | ターニングポイント?「つづくオン・マイ・オウン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38883/1746898

この記事へのトラックバック一覧です: 戦うお祭り「吉永さん家のガーゴイル5」:

« おいしそうな本たち | トップページ | ターニングポイント?「つづくオン・マイ・オウン」 »