« 南国どじっ娘、再び「新・はっぴぃセブン(8)」 | トップページ | 保健室の元暗殺者「ザ・サード(7)」 »

10月 31, 2004

爺ばかパワー炸裂「スレイヤーズすぺしゃる(23)」

故郷を遠く離れ、食べ歩きの放浪を続ける暴力少女魔道士のコメディ短編シリーズです。
「スレイヤーズすぺしゃる(23)ブレイクオブディスティニー」著:神坂一 /絵:あらいずみ るい(富士見ファンタジア文庫 10年刊)

あいかわらず楽しかったです。
軽く笑って、後に残らないタイプのお話しです。

剣と魔法のというか、RPG系のファンタジーのパロディです。
本編は、ずいぶん昔に終了しています。
短編集は、本編以前の話しなので、本編を読んでいなくても大丈夫です。

主人公のリナは、反則気味に強い魔力と、商人の魂を持つ美少女魔道士です。
魔法だけでなく剣の腕前など才能に恵まれていますが、胸がないことがコンプレックスです。

レギュラーキャラは、ナーガくらいです。
シリーズの途中から読み始めても、たぶん大丈夫だと思います。
適当に数話、立ち読みしてみると良いかもしれません。
ナーガは、打たれ強いけど間抜けなトラブルメーカーで、リナに懐いています。

今回はどの編にも、ちょい役ですが無邪気な普通の子供が、登場しています。
ひねったキャラが多いだけに逆に新鮮な感じがしました。
マイペースなマリリンが可愛いかったです。

リナがドラゴン語を話せるという設定は、今までに出てきたでしょうか。
会話がある時は、ドラゴンが人間の言葉を話していたような。

|

« 南国どじっ娘、再び「新・はっぴぃセブン(8)」 | トップページ | 保健室の元暗殺者「ザ・サード(7)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38883/1820269

この記事へのトラックバック一覧です: 爺ばかパワー炸裂「スレイヤーズすぺしゃる(23)」:

« 南国どじっ娘、再び「新・はっぴぃセブン(8)」 | トップページ | 保健室の元暗殺者「ザ・サード(7)」 »