« やっと完結「天高く、雲は流れ 15」 | トップページ | 軽い味わい「放課後ログイン」 »

9月 25, 2004

高校生探偵?「電波的な彼女」

電波少女に見込まれた不良少年が主人公の物語りです。
「電波的な彼女」著:片山憲太郎/絵:山本ヤマト(スーパーダッシュ文庫 9月刊)

前半はラブコメ、後半は素人探偵物、全体を通してはサイコサスペンス風味でした。

登場人物たちがいい感じです。
不良少年らしいバトルシーンもよかったです。

ヒロイン、期待通りの電波少女でした。
いい子過ぎるというか、妄想度低めというか。
やや主人公を振り回すにはパワー不足にも感じました。

母親の設定や台詞と、主人公の人間離れした頑丈さから、あるかなと思っていたファンタジーな展開はありませんでした。

犯人は、最初からバレバレなので本格的な推理小説ではありません。

探偵物としてみると導入部が長すぎて、事件が取って付けたように感じました。
ラブコメは、事件後、急激に姿を消してしまい、盛り上がりかけたところで打ち切られた感じです。

どちらかへ重点をおくか、二部構成にするかしてあればスッキリしたでしょう。

探偵物にするのなら、できるだけ冒頭近くに事件の描写が欲しいです。
ラブコメ中心なら、事件は、ペットがらみなど、もっと軽いものでしょうか。
二部構成なら、本の真ん中にラブコメ部分のオチをがひつようでしょう。

妹、いいキャラクターです。
登場も印象的ですし、姉妹の組み合わせもぴったりです。
でも、ラブコメなのか、探偵物なのかの中途半端感の原因の一つになっています。
探偵物側のストーリーにまったく絡んでいないので、登場する必然性はありません。
ラブコメとしては、キャラが立っているだけに、後半、ほったらかしなのが不満です。

つづきがあるとすれば、探偵物なのでしょうか。
せめて前半くらいのラブコメ度を維持して欲しいです。

リンク集: 山本ヤマト

|

« やっと完結「天高く、雲は流れ 15」 | トップページ | 軽い味わい「放課後ログイン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38883/1517437

この記事へのトラックバック一覧です: 高校生探偵?「電波的な彼女」:

» 『電波的な彼女』  [砂蜥蜴と空鴉]
『電波的な彼女』 片山 憲太郎  スーパーダッシュ文庫 ¥ 660 祖母が市民レクレーションのウルトラクイズでベスト8という微妙なポジションで入手した図書券... [続きを読む]

受信: 10月 12, 2004 11:34 午後

« やっと完結「天高く、雲は流れ 15」 | トップページ | 軽い味わい「放課後ログイン」 »