« 十五歳の逃亡者「推定少女」 | トップページ | 高校生探偵?「電波的な彼女」 »

9月 23, 2004

やっと完結「天高く、雲は流れ 15」

飄々として無敵な主人公が、息子を連れて旅をするファンタジーの最終巻です。
「天高く、雲は流れ(15)」著:冴木忍/絵:森山大輔(富士見ファンタジア文庫)

“都は濃い闇に覆われていたが、夜空の一角がぼんやりと明るかった。その方向から察するに、おそらく港で焚かれている松明だろう。”

きれいにまとまっています。
世界が小さい感じが、ずっと気になっていたんですが、なるほどという説明がついていました。
人が死に過ぎな気がします。
美しく雄大なビジュアルのフィナーレです。
寂しく静かな終わりでした。

シリーズを振り返ってみると、部分部分に魅力的なエピソードが多かったです。
全体としてみるとバタバタしたというか、どういった話なのか印象が薄いというか・・・。
せっかく助けた街や人々が、あとから壊れたり死んだりすることも多くて、徒労感のようなものも感じました。
こういう結末であるのなら、もっと短く済んだのでは。

悪役が、最後になって急にあいまいになってしまったのが残念です。
善悪が分けられない人間ドラマもありですけど、それならフェイロンの圧倒的な超人ぶりはどうかと思います。
こういう超越者は、ベタな勧善懲悪のヒーロー物でこそ許されるキャラです。

「<卵王子>カイルロッドの苦難」のときも感じたのですが、どうしてこう世界終末と生き残った人々的な終わり方なんでしょう。
最初のほうは、凄くいい感じだったのですが、途中から急にダークな感じになってしまいました。

このシリーズ、最大の謎は、フェイロンの奥さんでした。

新シリーズは、「風の歌星の道」のようなほのぼの路線だといいんですが。

|

« 十五歳の逃亡者「推定少女」 | トップページ | 高校生探偵?「電波的な彼女」 »

コメント

めっちゃ楽しかったです!!あたしはライフォンとフェイロンが好きなんです(’U’*)ライフォンが現れてから、どんな事が起こるのか、ものすごくドキドキしました(笑)でも読み終わると、また読みたくなるし、なんか物足りなくて、また始まらないかなぁと期待があります!そして、フェイロンの奥さんも見てみたいなぁと思います!!またこの続きが読みたいです(*^m^*)楽しみにしています!!これからも応援しますので、どうぞ頑張ってください!!!

投稿: 大場優美子 | 1月 31, 2005 04:27 午後

優美子さん、こんばんは。

長いシリーズが終わったときは少し淋しい気持ちもしますね。
外伝、もし出れば買います。
「風の歌星の道」は、子供が主役の続編がありましたね。

古い記事も読んでもらえていると分かって嬉しかったです。

投稿: Junsuke | 2月 01, 2005 09:29 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38883/1504639

この記事へのトラックバック一覧です: やっと完結「天高く、雲は流れ 15」:

« 十五歳の逃亡者「推定少女」 | トップページ | 高校生探偵?「電波的な彼女」 »