« 「電撃文庫総合目録 2004」をもとめて | トップページ | 男の生きザマ「ロボット妹」 »

8月 11, 2004

まったりしている「食卓にビールを」

女子高生で、主婦で、作家である主人公の「SF」な日常を描いた、短編集です。
「食卓にビールを」著:小林めぐみ/絵:剣康之(富士見ミステリー文庫)

ほぼ、家庭生活編と学校生活編が交互に描かれています。
というより、学校編が書き下ろしで挿入されています。

一発ネタのアイデア勝負のお話なので、再読は難しいでしょう。
各話は、社会風刺性の低い星新一作品と言った感じで、淡々とすすむストーリーも人を選ぶと思います。
面白くないわけではないので、まったりとした時間を過ごすのには向いているかもしれません。

のめりこみにくいお話でした。
結婚していることや、作家であるという設定は、インパクトを狙ったのだろうけど、物語りに絡んではいないためまったくの無意味となっています。
むしろ邪魔だったのでは?とさえ思います。

「退屈」こそ主人公の原動力でしょうが、その「退屈」の説得力が失われています。
学校編を加えるのであれば、同居人は、旦那ではなく、兄とかにしておいたほうが良かったと思います。
もしくは、おもいきって女子高生という設定を削り、主婦という設定をもっと前面に出すとかしてあれば、もっと物語りに入り込みやすかったと思います。

リンク集: 小林めぐみ 剣康之

|

« 「電撃文庫総合目録 2004」をもとめて | トップページ | 男の生きザマ「ロボット妹」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38883/1173873

この記事へのトラックバック一覧です: まったりしている「食卓にビールを」:

« 「電撃文庫総合目録 2004」をもとめて | トップページ | 男の生きザマ「ロボット妹」 »