« 丁稚でスパイ「あそびにいくヨ!(4)」 | トップページ | 拳がうなる「賢者の国の魔法戦士」 »

8月 29, 2004

ブックカフェで読みたい本

うさぎの本棚」さんの「こっそりTB企画『カフェで読みたい本は何ですか?』」が、面白そうなので、少し考えてみました。

カフェで読むとなるとやっぱり短編でしょうか。
『カフェで読みたい(置いて欲しい)本』なら、リピーターが期待できる、シリーズ物で、ある程度の量があるものがいいと思いますし・・・。

「スレイヤ-ズすぺしゃる」とかかな・・・。
そのへんの読者なら、マンガ喫茶を選びそうですね。

昔は、間口の広い短編と言えば、星新一でしたが、今だとどうでしょう。

短編と言うわけではないけど、「キーリ(壁井ユカコ)」は、各章の独立性が高いから向いているのでは。
感動シットリ系なので午後の時間を静かに過ごすのに向いているし・・・。
でも、自宅で集中して読みたいような気もします。

少女小説のレーベルなので男の客層をカバーしきれませんが、コバルト文庫は、長編でも少しずつ読めるような気がします。
雑誌掲載から文庫化という流れがあるからかな。
同じような流れがあっても、富士見ファンタジア文庫だとそんな印象はないんですよね。

カフェで読む本、意外と難しいですね。
昔は、喫茶店で本を読んでいる人が、よくいたような気がしますが。

個人的には、カフェで小説は読まない思います。
人前で読む本と言えば、技術系の本やビジネス書くらいです。
物語りを読むときは、ぐふぐふ笑ったり、だばだば泣いたり変な人になっていますので・・・。
もともとゆるい涙腺が年齢とともにさらに緩んでいて、感動ものは特に危険です。

カフェでお茶を飲む値段って、地域によっても違うとは思いますが、文庫本一冊とそんなに変わりませんよね。
読みたいものは買ってしまいそうです。
かといって、ハードカバーは、カフェで読むには重たすぎるような気がしますし・・・。

技術書やビジネス書中心のブックカフェとか・・・なんか、採算会いそうにもありませんね。
その手の本って、やたらと値段が高いわりに寿命が短いものが多いですから。

やっばり、絵本や画集のようなものが無難なのかな。

絵本カフェなんていうのは、まったりと時間を過ごすにはよさそうです。
普通では、手に入りにくい、外国の物なんかを置けば、オシャレ度もアップとか。
男は、入りにくそうですが・・・。

|

« 丁稚でスパイ「あそびにいくヨ!(4)」 | トップページ | 拳がうなる「賢者の国の魔法戦士」 »

コメント

TBありがとうございます。
自分でこういう企画をしておきながら
私もカフェではなかなか本が読めないんです。
いつも読みかけの本を持っていくんですけど
結局読めずにおわってしまいます。
外国の絵本とか良さそうですね。

投稿: うさぎ | 8月 30, 2004 07:43 午後

うさぎさん。

面白いTB企画、ありがとうございます。
盛り上がっていますね。

わたしの周りでは、本を読めるような喫茶店ってあまり見かけなくなりました。
コーヒー飲めるような場所はあっても、何か急かされているような感じです。

ゆっくりと時間を過ごせるお店、貴重な気がします。

投稿: Junsuke | 8月 31, 2004 06:09 午前

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38883/1304413

この記事へのトラックバック一覧です: ブックカフェで読みたい本:

» 日々ごはん1(アノニマスタジオ)/高山なおみ [カフェな気分]
ウサギの本棚のうさぎさんが、おもしろいTB企画を出してくださいました。題して『カフェで読みたい本は何ですか?』。今日は、この企画に参加のエントリーです。 ... [続きを読む]

受信: 8月 31, 2004 09:32 午後

» ブックカフェ [ るる☆女を語ってみました。]
ひとり時間の王道といえば、やっぱり『読書』。短時間で、気持ちがリフレッシュし、やる気が起こる道具です。自分の世界を広げるミラクルツールなのです。 どんな環境が、一番読書に適していると思いますか。私は、部屋のなかで読むのは苦手です。お勉強も部屋や図書館でするのは苦手で... [続きを読む]

受信: 6月 13, 2005 10:43 午前

« 丁稚でスパイ「あそびにいくヨ!(4)」 | トップページ | 拳がうなる「賢者の国の魔法戦士」 »