« 「本好きPeople」に参加 | トップページ | 恥かしくて言えません »

7月 25, 2004

いきなり「あとがき」? R.O.D 第十巻

読了後の、正直な感想は、「エピローグはなかったことに出来ないものだろうか?」でした。
「R.O.D 第十巻」著:倉田英之/絵:羽音たらく(スーパーダッシュ文庫)
文学元少女の眼鏡のエージェントが大活躍するシリーズの十巻目です。

本編は大詰めを迎えているわけですが。
ここに来て、また通巻の外伝?学園物?
「創竜伝(田中芳樹)」を思い出します。
微妙に暗雲ただよってます。

今回は、のっけから変です。
作者は、「あとがき」ではないと主張している「プロローグ」ですが、「あとがき」以外のなにものでもないと思います。
なんかのパロディー? 楽屋落ち?
作者は、何か新しい文体でも模索しているのでしょうか。
なんかの文学賞でも狙っているとか?
いやむしろ古いのかな、大昔の少年少女小説とか。

作者はアメリカで悪い薬にでも手を出したのか、「ローレン」と何か関係が?と最初は戸惑いが大きかった文体ですが、それでも「菫川ねねね」が登場するあたりになると慣れてきました。
そして、第二章に入るころには,普通に楽しめるようになっていました。
慣れてしまえば、結構面白く読めました。
ただし、本当の「あとがき」の後のエピローグが全てをだいなしにしてしまうまではです。

目次にだって載っていないし、読まなくて良いのかもしれません、「エピローグ」。
読まないほうが幸せです、たぶん。
少なくともわたしは、読みたくありませんでした。

何かメディアミックス的な事情があるのでしょうか、作者的には筋が通っているのでしょうか。
アニメのシリーズは、どれも観ていないわたしが悪いのか?
楽しみにしているシリーズなので、作者が何かのダークサイドに堕ちたのではないことを祈ります。

|

« 「本好きPeople」に参加 | トップページ | 恥かしくて言えません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38883/1048847

この記事へのトラックバック一覧です: いきなり「あとがき」? R.O.D 第十巻:

» 倉田英之「R.O.D(10)」(集英社スーパーダッシュ文庫) [舞風BLOG]
 外伝。しかも、 [ぶっ飛ぶ]:http://ch.kitaguni.tv/u/905/%c6%c9%bd%f1/%bb%a8%b4%b6/000010404... [続きを読む]

受信: 7月 27, 2004 06:03 午後

» R.O.D〈第10巻〉 [WS:Blog]
R.O.D〈第10巻〉 倉田 英之 集英社スーパーダッシュ文庫 ¥5... [続きを読む]

受信: 8月 25, 2004 10:50 午後

« 「本好きPeople」に参加 | トップページ | 恥かしくて言えません »