2月 28, 2005

スポ根でツンデレな妹「銀盤カレイドスコープ 4」

有名フィギュアスケーターを姉に持つ少女が、自分にとっての大切なものを見つける成長物語り。
「銀盤カレイドスコープvol.4 リトル・プログラム:Big sister but sister」著:海原零/絵:鈴平ひろ(スーパーダッシュ文庫 2月刊)

今一つ自分の演技に自信を持てない12歳の桜野ヨーコ。
競技会後の更衣室で、神尾来夢・12歳に嫌味を言われます。

コミカルで爽やかです。
疾走感のある演技のシーンが素晴らしいです。
ぜんぜんスケートなんて詳しくないのにドキドキします。
前作からは半年経った秋のお話です。

桜野ヨーコ、悩める小学6年生です。
苦労しているせいか、ませています。
いろいろとつたない感じも良かったです。

本編の主役である桜野タズサ、今回は脇役です。
語りはヨーコの一人称なので、タズサは妹から見た姉として描かれています。
多少変わり者でも、頼りになる優しい姉です。

他のレギュラーたちも、ヨーコ視点なので微妙に違う印象なのが面白かったです。

帰宅後の一連のエピソードは、おまけの短編といった風に分けてもらったほうが、余韻に浸りやすかった気がします。

シリーズは、続くみたいで楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月 01, 2005

讃えられる代償「イコノクラスト! 2」

うかつな少年が、周りに煽られて巨大ロボットで戦う異世界スチームパンクです。
「イコノクラスト!(2)He acts heroism 英雄」著:榊一郎/絵:OKAMA(MF文庫J 1月刊)

ついに最初の一体を撃破した省吾。
秘密結社レネゲイドは、より大きな権勢をもとめて策謀を始めます。

やや鬱系です。
目隠しをして地雷原を歩く主人公を、ハラハラしながら眺める感じです。
あからさまではありませんが、グロテスクな設定があります。
懸命な少女たちが、ダークさを緩和しています。

主人公の省吾、異世界に跳ばされた普通の高校生です。
気付いてないだけで、すでにヤバイ事になってます。
まともそうなメリニが、なにげに一番壊れていそうで怖いです。

花梨あいかわらず頼りない従兄をかかえて苦労しています。
主人公に姫巫女の2・3人も篭絡する根性があれば楽なんでしょうが。
ゼブロンとペルテアの父娘は、多少力になってくれそうな感じもします。

レネゲイドの巨頭のみなさん、あいかわらず策謀に忙しそうです。
いくぶん憂鬱そうな省吾を見て、宇宙飛行士のガガーリンを思い出しました。

あとがきによると10巻程度を予定しているそうです。
崩壊は早く来そうな気がするのですが・・・。
花梨には頑張って生き残って欲しいものです。

リンク集: 榊一郎OKAMA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月 28, 2005

迷子の魂「ぴよぴよキングダム 2」

ヒヨコ型知的生命体のドタバタに巻き込まれた少年と少女のジュブナイルSFです。
「ぴよぴよキングダム 2 ときのしおり」著:木村航/絵:竹岡美穂(MF文庫J 1月刊)

『恋の儀式』に決着がついて半月、世界中の報道陣の見守るなか『聖婚の儀』が行われます。
あかりは、緊張している自分に苛立っています。

あかり中心です。
今回は、意地っ張りな彼女が、恋愛と自分に折り合いをつけるお話です。
世界もなにやら不穏です。
スピード感のある展開が楽しかったです。

磐座あかり、攻めの生き様の女子高生です。
守りにまわると弱々です。
芽生えた恋心で、暴走気味です。

あかり母親・点子(ともこ)、たくましさと弱さが渾然としていて素敵です。
森山拓、頼もしくなってきています。
ピックル、癒しのアイテムです。
前巻では本心を見せなかったチュルリラ姫の思いの一端が示されます。
ブランク、懲りてないようです。
市ヶ谷珠理、テンション高く掻き回します。

母と娘の微妙な関係が良かったです。
リリッチや、ピッチパッチの故郷の様子が興味深いです。
良い人な仁村優の出番は少なかったです。
前巻と違い、今回は場面ごとに視点が変わるライトノベルによくある構成でした。

今後のための伏線が色々と張られています。
ヒヨコも増えて、シリーズ化する感じです。

リンク集: 竹岡美穂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月 26, 2005

夏休みに正義の味方「渚のロブスター少女」

少し不器用な少女が、海で頑張るコミカル・レスキュー物語りです。
「渚のロブスター少女」著:あきさかあさひ/絵:MATSUDA98(ファミ通文庫 1月刊)

泳ぎをおぼえられないまま夏休みをむかえた中学2年生のみお。
兄にそそのかされ特殊装備で海難救助活動を始めます。

新人さんです。
地味です。
萌えバカ小説を想像していたので少し肩透かしに感じました。
海辺の町が舞台の、少女の心の成長物語りです。
ほのぼの爽やかで、思いのほか楽しめました。

主人公の海老原みお(深青)、カナヅチの女の子です。
イルカと泳ぐことを夢見て努力しています。
真っ直ぐさが眩しいです。

兄の真太郎、マッドな登場のわりに、普通にいいお兄さんです。
なにか物足りません。
ハジケてるのかシリアスなのか色付けが不安定で、印象がやや弱いです。

イルカのククーラ、可愛いです。
親切な水族館のお姉さん・新谷京子や、意外に鋭い友達の白沢亜由美もいい感じです。

あの黒幕を放ったらかしで終わっているのは、スッキリしませんでした。

優しく率直な雰囲気に、好感が持てました。
ククーラの活躍なども見てみたいです。

リンク集: あきさかあさひMATSUDA98

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1月 25, 2005

人間であらねば「君の居た昨日、僕の見る明日2」

優しい嘘の世界・鈴乃宮学園に転校生がやってきます。
「君の居た昨日、僕の見る明日2 ―FAKE HEART―」著:榊一郎/絵:狐印(富士見ファンタジア文庫 1月刊)

なにかと勘違いしている詩月たちにツッコミつつ登校する優樹。
奇妙な少女を見つけます。

小さな世界で、学校生活を送ろうと試行錯誤する少年と少女たちの物語りです。
基本的にはマッタリゆったりでセンチメンタルな雰囲気です。
今回は、少しだけアクションだったりスプラッタだったりしました。

主人公の優樹、学園でただ1人の男子生徒です。
唯一の常識人として頑張ってます。

紅葉と新キャラのネレイドが中心のお話です。
2人とも健気です。
ネレイド、なかなかシュールです。
紅葉の理由が明かされます。

詩月たち、あいかわらず賑やかでパワフルです。
四季少女たちも格好良く活躍してます。

いずれ訪れるであろう卒業は、まだまだ先のようです。
ドラゴンマガジン連載の短編版はまた違う話のようなので、文庫化されるのが楽しみです。

リンク集: 榊一郎 狐印

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«戦う看板娘「カエルと殿下と森の魔女」